くわばたりえの子供は弱視|実は視力の発達を促すため

子育て

三人の子育てに奔走し、ブログも大人気のくわばたりえさん。

そんなくわばたりえさんの子育てについてYahooでも取り上げられてましたね!

私も思わず共感!してしまうことがたくさんな先輩ママのブログについて、私も子育てについて思いを綴りたいと思います!

スポンサーリンク

 

くわばたりえの子供は3歳児検診で弱視判明

くわばたりえさんの次男が弱視だということでメガネをかけているそうです。

それも3歳児検診で判明したそうです。

私もくわばたりえさんが最初思っていたように
小さい子がメガネしているのをみると、小さい子用のメガネがあるんだ!と思ったことがあります。(当たり前ですが^^;

でも、実は弱視には大きく分けて、病気のものと発達途中で止まったものがあるそうです。
(私は専門家ではないので受け売りですが^^;

子供の弱視で一番多いのは、発達途中のものだそうです!

ちなみに、「弱視」とは言いますが、子供が見えづらそうにしていることはあまりないそうです。
だって、もともとぼやけて見えるのが普通なら、それを当たり前に受け入れてますよね^^;

スポンサーリンク

弱視は早期に発見すれば治療できる!?

幼少期に、ピントの合った鮮明な像が網膜に映されないと、脳や神経の働きが十分に成長せずに、視機能の発達が途中で止まってしまうことがあるのだそうです。

そして、この「弱視」は早期発見できれば治療ができます。

そう!ピントの合った鮮明な像を網膜に映してあげることが大事なのです♪

一部の自治体では、3歳児健診で「オートレフ検査」という屈折異常を測る検査ができるそうですが、まだまだ取り入れている自治体は少数・・・。

くわばたりえさんは、本当にラッキーですよね!
メガネをかけることができている、というのは治療ができているということなんですね♪

ちなみに、視機能の発達が完成するのは6歳ごろだそうで、それまでに治療ができれば改善が期待できるそうです。
もちろん。。。完全には改善・治療できない可能性もありますので、眼科の先生としっかり相談してくださいね!

スポンサーリンク

くわばたりえの子供を育てる時のイライラ

ちなみに、くわばたりえさんも多くのママと同じように子育てに悩んだ一人。

最初は誰にも頼っちゃいけないと思っていた、というのは本当に共感です。

誰かに相談したら、自分がダメなママであることを宣言しているような気がしちゃうし、自分でできないの?と思われるのも嫌だし・・・、というのは本当によくわかります。

でも、昔から子供は社会が育てるもの。

両親だけじゃなく、祖父母、隣近所の人、同じ自治体に住んでいる人、保育園などなど、社会に育まれるのが子育てのあるべき姿だと思います。

自治体だって頼ろうと思えば相談窓口だってありますよね。

ママが笑顔でいることが、子供にとって一番良いことです!
ママが自分がリラックスできるように過ごすことが一番良いと、私は思っています!

自分が自信を持てること、楽しく過ごせることを考えてみませんか?

あなたへのメッセージ


今いる会社でも、疲れ切った顔のママを見かけます。
もしできるなら、同じ不安や悩みを持つ人の手助けをしたい!と思いました。

そして、今なら私には知識も経験もあります。

お金を稼ぐって大事なことですが、

それ以上に自分の幸せを感じながら生きることの大切さを感じて欲しいです!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
● 子供が小さくて外に働きに出るのが難しい
● 将来の貯蓄とかこのままでいいか不安
● 夫の収入じゃなく自分が自由になるお金が欲しい
● キラキラ頑張ってる女友達みたいになりたい
● 誰かに褒められたい!認められたい!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

こんな悩みがあるなら、ぜひまずはLINE@にご登録ください^^
LINE@では、私が成功できた裏話をお伝えしていきます♪

LINE@に登録していただいた方には、

自己投資の資金にもなる♪
「初心者でも!
ネットビジネスで稼ぐ方法

1日で8万円の報酬GET〜」
図解資料をプレゼント!

インターネットビジネスって、普通のビジネスと変わらないんだって
きっとわかってもらえると思います。

「インターネットで稼げる!」「自分にもできる!」という感覚を掴んでいただける、
LINE@読者様限定のプレゼントとなりますので、
ぜひLINE@へご登録くださいね^^

きっと始めるのに必要なのは、後ちょっと背中をポンと押してもらうことだけなはず。

子供のため、家族のため、何より自分のために♪

↘︎無料の読者登録で有料級プレゼント↙︎
友だち追加

子育て

Posted by 沖ぽんママ